menu
閉じる
  1. セルライトを取るマッサージ方法
  2. モデル体型を目指すなら多めの水分が必要
  3. 痩身エステは本当に効果があるの?
  4. 有酸素運動ばかりしても痩せない理由
  5. 筋肉量を増やすことで痩せやすい体になる
  6. 摂食障害になりやすい人ってどんなタイプ
  7. ダイエットがきっかけで拒食症になってしまうことも
  8. ダイエットは食事に注意して健康的に痩せる
  9. 骨盤ダイエットは本当に効き目があるの?
  10. こんにゃく生活で体重は何キロ減る?
閉じる
痩せるサプリで一番効き目があるのって何?

筋肉量を増やすことで痩せやすい体になる

筋トレ中の女性

ダイエットで痩せるためにまず思い浮かぶのは食事制限です。摂取カロリーを減らせば痩せると言う理屈は間違ってはいません。
ただ、何かだけを食べたり、逆に何かを一切食べなかったりするような極端なダイエットはあまりおすすめできるものではありません。
そういったダイエット方法は長続きしないですし、ダイエットが終わった後のリバウンドの心配も増します。
何より、ダイエットは健康的に痩せてこそ成功と言えます。食べずに痩せたのでは、健康を損なう恐れがあり危険です。
バランスの良い食事を3食きちんと摂り、それでいて痩せることが健康的なダイエットです。そのためには、運動は必須の条件と言えます。
ダイエットのための運動と言えば、ウォーキングやジョギング、自転車こぎ、スイミングなど日常的に行える運動はどんどん取り入れるべきです。
まとまった時間をとって運動に当てることも大切ですし、ちょっとした時間で運動することもおすすめです。
痩せることに成功する人は、すきま時間の活用がとても上手いという特徴があります。意識的に階段を上る、一駅歩いて通勤する、散歩に出かけるなど工夫次第で運動時間は確保できます。
体脂肪を落とすのと同時に意識したいのが、筋肉量の増加です。筋トレなどにより筋肉を鍛え、引き締めることで体全体の筋肉量を増やすことが、痩せることにつながります。
体の筋肉量が増えれば、基礎代謝が向上します。基礎代謝とは、何もしていなくても消費するエネルギーのことです。
基礎代謝を上げることでエネルギーを使いやすい、脂肪燃焼をしやすい体になります。
1日生活するだけで使うエネルギーの量は増えますし、運動をしたときのエネルギー消費の効率も上げることができます。
普段の運動と筋トレを組み合わせることは、ダイエット成功への近道です。
普段から体を動かすことと筋トレを組み合わせることで、さらにダイエットは加速していきます。太りにくく痩せやすい体へと体質は変わっていきます。
特に女性などは、筋トレに抵抗感を抱く人が少なくありません。痩せるという目的がメインテーマであって、ムキムキになりたいわけではないというのがその主な理由です。
しかし、筋肉量を増やす目的といっても、すぐにムキムキにはなりません。あくまでも眠っている筋肉に刺激を与え引き締めるイメージで良いです。
美しいボディーラインを持つモデルやタレントが、積極的にトレーニングの中で筋トレを行っていることも、美しさを保つために筋トレが有効であることを物語っています。

筋肉量を増やす筋トレについて

痩せるために行う筋トレで筋肉量を増やすには、コツがあります。それは、できるだけ大きく太い筋肉を使うことです。
例えば腹筋は痩せることで強調される筋肉の代表格です。しかし、筋肉の部類としては、薄く小さなものに分けられます。
我々の体の中で大きな筋肉と言うと、背筋や大胸筋、太ももの筋肉などが挙げられます。
これらの太く大きな筋肉を集中的に鍛えることが重要です。脂肪燃焼の効果を上げるためや、筋肉量を増やすという目的に効率的に近づけることができます。
ただ、慣れないうちは怪我の心配などもつきまとうので、無理のない範囲で始めることが大切です。筋トレの前後にはストレッチを行い、しなやかさを保つことも重要です。

筋肉を増やすにはプロテインも摂る必要がある?

筋トレを行うと筋肉は一時的に損傷します。それを再修復してくれる主な成分がタンパク質です。
体の中のタンパク質を使って筋肉を新たに作っていくわけですが、筋肉量を増やす目的であるならば、体の中のタンパク質だけでは不足しがちになります。
そこで検討したいのがプロテインの摂取です。
筋トレの効率を上げるためにプロテインを摂る人はとても多く、そのためたくさんの種類の商品が販売されるに至っています。
味や飲みやすさも考慮に入れて、選ぶことができます。続けやすいものを選ぶのがポイントです。
プロテイン商品は、体に吸収されやすく筋肉を作りやすいよう調整されているので便利なアイテムです。
上手に使えば、ダイエットを成功に近づけることができます。

関連記事

  1. こんにゃく

    こんにゃく生活で体重は何キロ減る?

  2. オルリガル

    ゼニカルにはジェネリック医薬品もある

  3. 医師に相談する女性

    肥満外来で行われている治療とは?

  4. 肥満女性

    肥満は病気になるリスクが高くなる

  5. 有酸素運動をしている女性

    有酸素運動ばかりしても痩せない理由

  6. 目標に向かって頑張る女性

    痩せるなら目標を計画してから行う

ピックアップ記事

  1. 脂肪を気にする女性
    ダイエットをしていても、なかなか効果が出ない、また脂肪がたまっていてなかなか落ちないという方は多いで…
  2. 水分をとる女性
    ダイエットは女性にとっての永遠のテーマともいわれています。いつの時代も、理想的な体型になりたいと…
  3. 痩身エステ中の女性
    ダイエットを始めても、意志が弱いとどうしても我慢できなくなって食べてしまったり、途中で停滞期がやって…
ページ上部へ戻る