menu
閉じる
  1. セルライトを取るマッサージ方法
  2. モデル体型を目指すなら多めの水分が必要
  3. 痩身エステは本当に効果があるの?
  4. 有酸素運動ばかりしても痩せない理由
  5. 筋肉量を増やすことで痩せやすい体になる
  6. 摂食障害になりやすい人ってどんなタイプ
  7. ダイエットがきっかけで拒食症になってしまうことも
  8. ダイエットは食事に注意して健康的に痩せる
  9. 骨盤ダイエットは本当に効き目があるの?
  10. こんにゃく生活で体重は何キロ減る?
閉じる
痩せるサプリで一番効き目があるのって何?

肥満外来で行われている治療とは?

医師に相談する女性

肥満外来ではBMIを測定して、肥満に該当する場合に治療を受けることができます。
そのため、写真の方の場合は、必ずカウンセリングや BMIを計測する必要があります。
治療を始めるには専門医が担当し、患者それぞれの状態に適したダイエット法や治療法を行います。
また、最終目標を決める際には、専門医と相談しながらダイエット方法や治療期間を決めることになります。
カウンセリングを行いながら詳細を決めることによって、健康的に体重を落とし肥満を改善することが可能です。
肥満外来で治療することのメリットは、健康的に体重を落とし肥満を解消することにあります。
また、リバウンドしにくいという点も特徴です。自分で行うダイエットでは、食事や運動方法に偏りができてしまい体調を崩してしまう可能性もあります。
一方で専門外来で治療することによって自分に合った食事療法や運動方法を相談しながら見つけることができると言う点が最大のメリットになります。
肥満外来で治療を行うことによるデメリットもあります。通院をしなければいけないという点や、治療を行うことで費用がかかるという点がデメリットに当たります。
メリットやデメリットを考慮しつつ肥満で悩んでいる方は、専門外来で治療することも視野に入れましょう。
肥満外来の特徴として、運動療法や食事療法以外にもカウンセリング療法と言うものがあります。
カウンセリング療法は、自分に合った運動療法や食事療法を詳細に決めること以外にも、ダイエットに関する悩みや疑問点を解消するために行います。
また、薬による治療も受けることができるため、通常のジムやエステなどでは受けることができないダイエット方法にも注目をしましょう。
例えば、食事関連で耐えられない内容の場合には、食欲を抑えるための漢方なども処方される場合があります。
ただし、薬に関しては専門医の治療方針や扱っている薬によって処方される種類が異なるため注意が必要です。
治療を行うにあたって必ずかかる費用に関しては、保険適用か自由診療のどちらに当てはまるかによって金額が変わります。
そのため、治療を開始する前の段階で費用に関して相談をし、自分に合った治療方法を探すようにしましょう。
肥満度の高い場合には、保険診療の対象となることがあり、低肥満の方と比べると治療費は安くなる可能性が高くなります。
肥満外来を探す場合には、特に特殊な診療科目と言う点を考慮して、あらかじめ治療を受けたい期間よりも早い時期から探すようにしましょう。

食事内容や運動療法などを専門医師が指導

メディカルチェックを元に食事療法や運動療法の他にもカウンセリング療法、薬による治療もあります。また重度の肥満の場合には、外科的治療も含まれます。
特にカウンセリングの場合には、今まで行ってきた生活習慣の見直しや、どの程度の運動が可能なのかなどを相談しながら決めていく場です。
そのため、少しでも不安な部分や疑問がある場合には、迷わずに専門医に相談をすることが必要です。
運動療法では、適度な有酸素運動や必要な消費カロリーを計算して生活の中に上手に取り入れていくことを前提として行います。
そのため運動が習慣化されるまで地道に行う必要がありますが、専門医と一緒に頑張ることができるので1人で行うよりも上手に習慣づけることが可能です。

肥満外来での治療で掛かる費用

肥満外来で専門医師による治療を受ける場合には、必ず保険適応か自由診療になるのかを明確にしてから治療を受けましょう。
治療する内容によっては保険適用外になることがあります。薬物治療に関しては保険適応内と適応外があるため専門医師に相談しながら決めていくことが大切です。
メディカルチェックを受けた際に異常値があると診断された場合で、BMI数値が35以上ある方や、適応する病名を診断された方は保険適応となる可能性が高くなります。
美容に関連する治療の場合には、保険適応外となることが多いため注意が必要をしましょう。

関連記事

  1. こんにゃく

    こんにゃく生活で体重は何キロ減る?

  2. 有酸素運動をしている女性

    有酸素運動ばかりしても痩せない理由

  3. オルリガル

    ゼニカルにはジェネリック医薬品もある

  4. 目標に向かって頑張る女性

    痩せるなら目標を計画してから行う

  5. 肥満女性

    肥満は病気になるリスクが高くなる

  6. 筋トレ中の女性

    筋肉量を増やすことで痩せやすい体になる

ピックアップ記事

  1. 脂肪を気にする女性
    ダイエットをしていても、なかなか効果が出ない、また脂肪がたまっていてなかなか落ちないという方は多いで…
  2. 水分をとる女性
    ダイエットは女性にとっての永遠のテーマともいわれています。いつの時代も、理想的な体型になりたいと…
  3. 痩身エステ中の女性
    ダイエットを始めても、意志が弱いとどうしても我慢できなくなって食べてしまったり、途中で停滞期がやって…
ページ上部へ戻る